無垢材家具の仕上げの塗装には大きく分けて2種類の塗装方法がございます。
自然塗料仕上げ(オイル・蜜蝋)と一般的なウレタン塗料仕上げ

どちらの塗装にもそれぞれメリットデメリットがあるため、絶対にどちらの塗装がいいとは言い切れ
ません。お客様のご使用環境、生活スタイルによってお考えいただきお選びいただけると
よいでしょう。



【 オイル仕上げ 】

オイル仕上げとは、家具の表面に塗膜をつくることなく、木本来の性質をそこなうことなく
仕上げる塗装仕上げです。植物性のオイルのため体に無害赤ちゃんが舐めても大丈夫です。
アレルギーのある方にも安心して使用いただけますので、
本当に自然環境を意識したナチュラルな仕上げとなります。(ニオイには個人差があります。)

オイルで仕上げると、見た目や手触りはウレタン塗装とは違い、変な光沢はなく自然なツヤが出ます。
手触りは少しだけザラっと、木の感触を残したままオイルは木に浸透します。
また、オイルはウレタン塗装のように塗膜を作らないため、コップの輪ジミなど長時間にわたり
水分を放置しておくと、シミの原因となります。

オイル仕上げの場合、いつの間にかついたシミや傷なども使用しているうちにこすれたりメンテ
ナンスする事で多少目立たなくなったりしますが、シミや傷も木の味として楽しむことができます。
「コップの輪ジミが気になる、細かなキズが気になる、だいぶはげてきたな〜」と思ったら、
サンドペーパーできれいにし、オイルを塗ります。するとさらに味わい深くその家族の歴史を彩る
家具となるでしょう。
昔で言う「柱の傷」のようなものです。1年に1度のメンテナンスで、永年のシミや傷が家族の歴史
となり、本当に味わい深く世界に一つだけの家具となってくれます。
椅子などでは、肘つきのアームチェアなど、よく触る肘部分に人間の手の油脂がつき、時間をかけて
ゆっくりツヤが出てきます。自然と出るツヤは美しく、どんどんその椅子は魅力を増すでしょう。

<オイル仕上げのメンテナンスに関してはこちらをクリック!>


<オイル仕上げ商品の最も重要なポイント>
上記でも述べたように、オイル仕上げは表面に塗膜を作りません。
よって、木は呼吸をすることができるのです。呼吸ができることによって、木は湿気の多い日は
水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保とうとします。無垢材には快適な
環境を造り出す優れた特性があるのです。
しかし、優れた調湿作用のため、木が「縮む」「膨らむ」という性質があり、多少の反りや割れが
起こることがあります。
これは木が製材・加工されたあとも生き続けている証なのです。
こうした生きている自然の素材だからこそのメリット・デメリットを十分に理解していただくことが
オイル仕上げの無垢材と上手に付き合うポイントです。







【 ウレタン塗装仕上げ 】

ウレタン塗装とは、昔からあるごく一般的な塗装です。
簡単に言うと、透明な膜で覆ったような状態になります。木の表面に塗膜を作り、水分などがしみ
こむことはありません。オイル仕上げのように水分を気にせず、汚れがついた際は簡単にふきとる
ことができます。
また、オイル仕上げとは違い透明の塗料で覆ってしまうため、手触りも見た目ともに木の質感を
そこなってしまいます。人工的に見え、ツルっとした手触りとなり見た目にはつややかな光沢が出ます。


<ウレタン塗装仕上げ商品の最も重要なポイント>
ウレタン塗装仕上げは、オイル仕上げと違いヨゴレや傷に強いのが特徴ですが、
1度ついたヨゴレや傷の補修や塗り替えには、設備や技術が必要で容易にメンテナンスができません
オイル仕上げは、ご自身でメンテナンスをほどこすことでいつでも新品のように蘇らせることが
できますが、ウレタン塗装はずっと一定の状態を保ちます。
お子様などが頻繁に汚してしまう、傷もすぐについてしまうなど細かにメンテナンスをしていられない
ような状況のご家庭ではウレタン塗装がお勧めです。

また、ウレタン塗装の場合は表面に塗膜があるため、木は呼吸ができず動きが止まります。
そのため調湿作用はできなくなり、反りや割れなどはほぼ起こりません。

<無垢テーブルのお取り扱いについてはこちらをクリック!>





  • 無垢家具納品事例 すてきな生活のはじまり
  • Forms ブログ
  • 過去のオーナーブログ
  • 過去の納品事例


NEWS お知らせ



Shop Staff 店長紹介

Shop Staff 店長紹介

家具は私達の生活の最も身近にある存在です。フォルムスでは、こだわりの無垢の家具を厳選して取り揃えています。家具で幸せを感じられるように。その家具が皆さんご家族の風景になれるようなモノをセレクトしています。特にフォルムスでは無垢のテーブルに力を入れ、海外生産品の既製品から、国産のイージーオーダーテーブル。またお客様のご希望を形にするフルオーダーの無垢テーブルまで幅広く取り揃えております。とにかくなんでもご相談ください。 お客様のご希望に合ったテーブルを、我々なりに考えご提案させていただきます。コーディネートのご相談サイズや素材に関するご相談もなんでもお気軽に、まずはメールかお電話でどうぞ。 どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。



  • 
FORMSオリジナル
  • 
高山ウッドワークス
  • 
広松木工
  • 
ヒラシマ
  • 
日進木工
  • 
地球にマングローブを!植林プロジェクト
Top